はい。両親やパートナーなど、デバイスへのアクセスは何人のユーザーとでも共有することができます。 共有されたユーザーは、専用のアカウントを設定して快適さの評価を行うことにより、専用の快適度プロフィールを作成することができます。 複数のユーザーが存在する場合、人工知能は、与えられた最後の評価にもとづいて、エアコンを調整します。