「快適モード」の方が優れています。その理由は、「快適モード」が気温だけでなく、湿度、明るさ、室外の天気、ユーザーの身体代謝のサイクルなど、多くの基準をもとに快適性を決定するからです。人工知能は、こういったすべての要素を考慮した上で、室内の状況が変化した場合でも、その場所の環境がユーザーにとって快適であり続けるよう、設定を調整します。


たとえば、同じ 25 度でも、湿度が高いか低いかによって快適性が大きく変わります。同様に、室外の天気が暖かいか寒いかも、ユーザーが室内で感じる体感に影響を与えるます。


通常、好みの温度が一定しない場合には、ターゲット温度を頻繁に調整する必要がありますが、「快適モード」では、時間の経過とともにユーザーのニーズの変化を人工知能が自動的に判断します。「暑すぎる」「寒すぎる」などの単純なフィードバックを与え続けるだけで、ユーザーに応じた快適予測をアップデートできます。


*AI関連の機能を楽しむには、サブスクリプションが必要になる場合があります。 サブスクリプションサービスに関する詳細が必要な場合、アプリ内にお問い合わせ、またはsupport@ambiclimate.comまでメールでお問い合わせください。