すべての人です!

エアコン/ヒートポンプの設定は、ユーザーのニーズや好みに合わせて、また部屋の現状に応じて、人工知能が自動選択します。

ある時点で快適だと思っていたエアコン温度が、そのあと寒すぎる/暑すぎると感じるようになる… このような場合には、そのユーザーが温度以外の要素の影響を受けている可能性が高いです! ローカルの天候、身体代謝のリズム、湿度、明るさなど、様々な要素がユーザーの部屋に影響するため、同じ温度であっても、その体感は一様ではありません。Ambi Climate の人工知能は、そういった様々な要素がユーザーにどのように影響するかを学習し、そこでの状況の変化に応じて設定を調整します。

朝の起床時には寒すぎる温度設定が、夜、入眠の時には暑すぎる、といった経験はありませんか? この理由は、私たちが睡眠に入り、何時間も動かず、8 時間食事をとらないと、人間の体温は低下するからです。
「快適モード」では、デバイスの人工知能がユーザーのプリファレンス(嗜好)を学習します。ユーザーからのフィードバックを通じて、夜にはどの設定がふさわしいかを学びます。もしも朝目を覚まして「寒すぎる」感じたら、すぐにフィードバックで人工知能に伝えて下さい。その結果デバイスは、夜の入眠時には暖房を控え、朝にはそれよりも温度を上げる必要があると学習します。人工知能は、夜の間に温度を少しずつ上げることを覚えるでしょう。ユーザーはもう、寒さに震えながら朝を迎えることはありません。


*AI関連の機能を楽しむには、サブスクリプションが必要になる場合があります。 サブスクリプションサービスに関する詳細が必要な場合、アプリ内にお問い合わせ、またはsupport@ambiclimate.comまでメールでお問い合わせください。