人工知能がユーザーの快適さのプリファレンス(嗜好)を把握するまでに、ユーザーは、様々な時間、様々な異なる条件下でフィードバックを与える必要があります。それによって人工知能は、環境の変化に応じてフィードバックがどう変化するかを学習します。


運用開始の最初の週には、1日に少なくとも 2〜3 回のフィードバックを与えることを推奨します。データを多く集めるごとに、フィードバックから学習するごとに、人工知能は次第に設定をパーソナライズさせていきます。「暑い」「寒い」と感じたら、すぐにその位置からフィードバックを与えてください。様々な距離から細かくフィードバックがあればあるほど、人工知能は室内の状態をより正確に分析し、室内環境を最適に調整できるようになります。


また、季節の変化に合わせて、人工知能にフィードバックを与える必要があります。私たちの身体はローカルの天気に反応し、それに応じて服の選択も変わります。同様に、同じ季節であっても、季節の始めと季節の終わりとでは、その時点で快適と感じる室内環境は違っているかもしれません。