私たちはエアコン/ヒートポンプを温度に基づいて制御することに慣れきっており、多くの人が電源のオン/オフと 2 つの温度設定しか使っていません。しかしその、温度をベースにしたエアコン制御には問題があります。
いくつか例を挙げると、

  1. ある気温条件は入眠には適しているが、起床のためには寒すぎる
  2. 快適に過ごすためには、常に温度を調整し、こまめにスイッチを入り切りしなければならない
  3. 室内の温度が十分に下がっていても、湿気によって不快感を感じる
  4. 外で雨が降り出すと、突然室内が寒くなる/外で日が照っていると、冷房が効くまで時間がかかり、暑く感じてしまう

などなど、快適な温度を維持することが難しい理由には、多くの要因が関わっており、温度以外の要素も快適性に影響するのです。ユーザーの体調にも波があり、天気や季節は変化します。室内の条件も変化します。このように、エアコン/ヒートポンプを制御する際には、いくつもの環境要因を考慮する必要があります。しかし多くの人は、それらの要因を意識せず、一定の決まった設定に固執する傾向があります。


エアコン/ヒートポンプの設定を決める際に、同時に複数の要素のバランスをとることは簡単ではありません。しかし、人工知能の機械学習なら、この問題を容易に解決してくれます。


Ambi Climate の人工知能は、次のすべてを学習します。

  1. ユーザー本人について
  2. ユーザーをとりまく環境
  3. そこで使用するエアコン/ヒートポンプの性能


*AI関連の機能を楽しむには、サブスクリプションが必要になる場合があります。 サブスクリプションサービスに関する詳細が必要な場合、アプリ内にお問い合わせ、またはsupport@ambiclimate.comまでメールでお問い合わせください。